GCP の無料枠で作成したf1-micro(CentOS7)に、スワップファイルを作成する手順

GCP の無料枠だとメモリ 0.6GBなので、念のためスワップファイルを作成してサーバ全体のメモリ不足が発生した際に
スワップファイルからメモリを確保するようにしたい。
作成したスワップファイル以上になると OOM Killerで動作しているプロセスは停止させられます。

Linux OOM Killerについて

■設定環境
f1-micro のCentOS7

 

設定手順

# swapが存在しない(total列が0になっていること)を確認
free -m

# 2GBのswapファイルを作成する
dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1M count=2048
chmod 600 /swapfile
mkswap /swapfile
swapon /swapfile

# swapのtotal列が増えていることを確認
free -m

上記のままだと、サーバ全体の再起動したらスワップが飛ぶので以下ファイルを編集

/etc/fstabファイルをバックアップ
cp -a /etc/fstab /etc/fstab.`date +%Y%m%d`.bak

/etc/fstabファイルに以下内容を追記
/swapfile swap swap defaults 0 0

最後に、サーバ全体の再起動を実施して、起動後もswapのtotal列が増えていることを確認
free -m

人気の記事:

Follow me!

9821218212821

CentOSや、各種ミドルウェア周りのメモ書きを記載してます。 たまに、日常的な内容もブログとして記載してたりします。